Just another WordPress site

知っておきたいゴルフのマナーについて

最近では、おじさんだけでなく、若い女性の間でも人気が高まりあるスポーツ、それがゴルフです。
このスポーツは、紳士や淑女のスポーツだといわれておりますが、それはルールやマナーが細かいことに起因をしております。
明文化されており、違反をするとペナルティーがあるルールもあれば、明文化は特にされてはおらず罰則もないが、社会人としては守っておきたいマナーなどがあります。
まず、ゴルフ場に訪れる際の服装です。
気の早い人などは、早くもウェアで乗り込みたいという人もいます。
しかし、クラブハウスに行くときには、プレイ用のウェアを着用するのは控えたほうが賢明です。
カジュアルなところではそれでもOKというところもありますが、ほとんどのクラブハウスでは、それはNGです。
また、プレー中もマナーがあります。
誰かがプレーするときには、おしゃべりをしないようにしましょう。
そして、良いショットが出たようであれば、惜しみなく「ナイスショット」というのはグッドマナーです。

初心者がおさえておきたいゴルフのルールはこの4つ

ゴルフの初心者がラウンドするためにおさえておきたいルールが4つあります。これを知っておけばあたふたすることなく楽しいプレーができ、正確なスコアを残すことができるでしょう。
まず一つ目はOBです。各ホールの規定の場所から外れてしまったときに発生するペナルティですが、1打目がOBなのかそれとも2打目以降がOBなのかで対処が異なります。一打目(ティショット)の場合は1打罰、3打目としてティショットを打ち直しします。しかし、ローカルルールで「プレイング4」が設置されている場合はその場所から4打目として打ちます。2打目以降がOBの場合は1打罰でOBとなったボールを打った場所付近でグリーンに近づかないところにボールを落としてそれを打ちます。
二つ目は池ポチャしたときの対処です。この場合は二つの方法があります。1打罰でもとの場所から打ち直すか、同じく1打罰でウォーターハザードの赤線を横切った地点とグリーン上のピンを結んだ後方線上にボールを落として打ちます。
3つ目はバンカーに入ったときです。バンカーの砂にクラブが触れてしまうと2打罰になっていしまいます。素振りをしたりクラブを構えるときは注意が必要です。
4つ目は空振りで、これは1打罰というようなペナルティはありませんが空振りした分も1打としてカウントしなければいけません。
以上の4つをおさえておけば楽しいラウンドができるのでしっかり頭に入れておきましょう。


おすすめWEBサイト 5選

買取 札幌
http://www.recyclemart-hiraoka.com/
オリジナルサッカーユニフォームのオーダー
http://www.hime161.com/
大阪で法律相談するなら
http://www.ishii-law.jp/
合宿免許がおすすめ
http://www.shinshu-ina.com/popularity/
インプラント 戸塚
http://www.sugiyama-dental.com/access/from_totsuka.html

最終更新日:2015/2/23